2010年08月24日

タコマ富士

日本からのお客様を、8月初めにレーニア山国立公園へお連れしました。
「タコマ富士」のあだ名のある山で、山の周りの面積は世界一だそうです。

家から、公園入り口まで1時間ちょっとで行けますが、ゆっくり、あちこち見ながら上へ行きます。

ナラダフォールと言う滝です。(雪解け水ですから、澄んでいます)

9521.jpg

去年、パラダイスに新しくオープンしたセンターの前には、シーズーやスコテッシュテリアなどのワンコたちがいました〜。(写真が斜め・・・)

9512.jpg

もちろん、ペットたちは駐車場までしか行けません。
週中でも駐車場はいっぱいなので、パラダイスへ来るのは、いつも午後4時ぐらいにしています。(直通でしたら、家から2時間で行けます)

それに、自然をご存知の方は、良く知っていると思いますが、
山は、早朝(遅くても8時前)と、夕方(早くても4時以降)がきれいなのです。

氷河です。

9507.jpg

濁った川の初めが、氷河の終わりです。(氷河水は、濁っています)
地球温暖化で、氷河は、どんどん短くなっています。

上へ登れば、もっと近くから見れます。

雲の合い間から見えるレーニヤ山です。(前の日も次の日も曇りでした)

9508.jpg

このあたりは、7月に雪が溶けるとお花畑になり、とても美しい場所です。(それでパラダイスと言う名前です)

9509.jpg

この川は、すぐ下が滝になっています。
橋を渡れば、お花畑です。(私のお目当ての花が、まだ咲いていなかったので次の機会に)

アバランチリリーは、雪が溶けるのを待てないかのように、雪の中からでも首を出して最初に咲く花です。

9510.jpg 9511.jpg 

黄色いゆりは、タイガーリリーで、ちょっと珍しいです。(通りがかりのおじさんが教えてくれました)

お花畑から、レーニア山を背にして見ると、タトーシュ山脈が見えます。
とんがった山は、ピーナックル・ピークと言って、2千メートル丁度の高さがあり、
その右のとんがり山との間にあるピーナックル・サドルまで登れます。

9513.jpg

片道2キロで、登ると、とても景色が良いのでお勧めだそうですが、
行った友人によると、かなり急だとか・・・(見ただけでも急そうです)

その山のふもとにある、リフレクションレイク湖畔です。
(風のない日でしたら、逆さレーニア山が見えるので、その名前が付きました)

9517.jpg

道路と湖の間の道を散歩できます。

9514.jpg

ピーナックル・ピークの雪解け水でしょう。(せせらぎの音が素敵でした)

9515.jpg

雪もまだ残っていました。

9516.jpg

今年は、ここへは泊まりませんでしたが、
またゆっくりお見せしたいと思います。(これはペットのブログですし)

〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・〜・・・

お気付きかもしれませんが、レクシーのプロフィールを足しました。
うちで、半永久的にお世話することになったのです。(これ以上増やせないのに!)

さて、レクシーのために買ったピンクのベッドですが、
レクシーのかわりに、猫たちが乗っています。("THE LIFE…"って意味ありげ〜)

9518.jpg

さらに、2ニャンを丸ガリ〜タにしました〜。

9519.jpg

ロマノフが急に痩せてきたので、検査に行きます。
もう、12歳ですから、ついでにハプスブルグも検査してもらいます。

なぜか、ずうずうしくも、まったりしているフィニーです。

9520.jpg

また、ニッキーに怒られるよ!


ニックネーム なおこ at 07:08| Comment(12) | TrackBack(0) | レーニア山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

レーニア山国立公園

レーニア山国立公園 (1899年 5番目の国立公園に指定) へやって来ました。 

標高 4392m 富士山より高い山です。 (世界で12番目に高い山)

09104.jpg

レーニア山は雪山で、(エベレストなどの、登山訓練用の山でもあります。)

たくさん雪がありますが、これは去年の写真で、

手前の登山道の雪は、私が行った時は、もうありませんでした。
去年は、例年より2週間早く行ったので、雪が多かったのです。

実は、カメラを忘れて出かけてしまったのですがく〜(落胆した顔)

でも、去年の写真もきれいでしたので、この機会にご紹介できて嬉しいですわーい(嬉しい顔)

山を背にして、反対側を見ると

09105.jpg

美しい山々の峰があり、これらにも上れます。

右側の下の方にある建物は、新しいビジターセンターです るんるん(以前の、ジャクソン ビジターセンターは、もうありません。)

夕暮れのレーニア山です。 (正面の建物は、登山者の事務所です。)

09106.jpg

駐車場の、右側には、私たちが2泊した、パラダイスイン があります。

この場所は、パラダイス といいます。
パラダイスのように、高山植物の花々が美しいからです。

フロイド シュモー という、レーニア山 初のナチュラリスト(自然史の博物学者)が、
ここでしばらく過ごし、苦労も多かった彼の人生が、ここから花開し始めるのです。

彼は、戦時中、日本人移民を助け、戦後は、日本に来て、原爆被爆者を助けるなど、数多くの功績を残しました。
でも、彼のことを知らない日本人は多いでしょう。

09107.jpg

このインは、夏だけしかオープンせず、世界中から、お客様がみえられ、人気があります。 
ですから、パラダイスインの宿泊予約は、早めに取らなければなりません。
(私は、特定の週末の予約を取る時は、1月にします。)

建物の右側が宿泊施設(4階建て) 左側はロビーとレストランがあり、レストランの上に別の宿泊施設もあります。

ロビーは、大きな吹き抜けになっていて、雪の重みに耐えられるように、たくさんの横木が組まれています。
ご覧のとおり、古い建物なので、数年前に修理されました。

09108.jpg

ピアノがあり、演奏をしてくれます。 (左に座っている人)

ここでは、毎夜9時に、レインジャーの方が、自然を説明してくれるスライドショーをしてくれます。

その横の通路です。
奥に明るく見えるのは、レストランです。

09109.jpg

右がわは、カフェとギフトショップがあります。
その間の壁には、大きな二つの白黒写真があり、その昔、ここで、ダンスや、音楽演奏を楽しんでいた様子が分かります。

ロビーの上は、吹き抜けになっていて、
二階の屋根裏には、通路と、椅子やテーブルが置いてあります。
ここで皆は、おしゃべりやゲームをしたり、本を読んだりして、騒がしい世俗から逃れて、休息を得ます。
私と女友達は、トランプゲームをします。

09110.jpg

大きな暖炉は、反対側にもあり、夜には、両方の暖炉で、人々が、火のあかりと灯篭のあかりに照らされて、夜遅くまでおしゃべりしていました。

09111.jpg

その、暖炉とカフェの間のドアを開けて外に出ると、デッキがあります。

この写真を撮った時は、霧が出ていて、寒かったので、だれも人はいませんが、
いつもは、日の光が注ぎ、たくさんの人がいて、コーヒーでも飲みながらおしゃべりをしています。

向こう側の、ランプの付いたお部屋は、スイートルームで、ここにも友人たちと、泊まったことがあります。(今、気付きました。懐かしいです。)

私たちが、去る朝は、年配の夫婦がカードゲームをしていました。(ご主人が、一緒にしようと誘ってくださいましたが、時間が無くて残念でした、)

09112.jpg

ロビーのカウンターで、トランプやゲーム(PCゲームではありません)を貸してくれます。

このデッキからの夕方の景色です。

09113.jpg

お部屋は、昔風で、こじんまりしています。

09114.jpg

部屋には、テレビも電話もありません。 
友人は、読書を楽しみます。(私は、いつもは外を歩き回っています。)

あまりにも素敵な所なので、私は、日本からのお客様を、いつもここに案内します。
(頼まれて案内することもあります。)
以前に来た私の母は、ここは、まるで高原のサナトリウムみたい、と言っていました。

パラダイスインは、6月にはまだ雪に囲まれています。 そして、
10月になると、すべては閉じられ、再び、深い雪に埋もれていきます眠い(睡眠)

さて、お天気は最高で、外に出て、ハイキングを楽しみましたるんるん

09115.jpg

今年は、まれに見る高山植物の開花の年だそうですハートたち(複数ハート)

ヘザー と ハックルベリー です。 (出来れば、すべてのお花を載せたかったですムード

09116.jpg 09117.jpg 

ハックルベリーは、もう少しすると、小さな甘酸っぱい実でいっぱいになります。

グレイシャーリリー と アバランチリリー です。

09118.jpg 09119.jpg

おっと、このブログは、動物たちが主役です。今回は、脇役になってしまいましたね。 
リスです クマ (他にも、いろいろいます。)
ハイキングしていると、ちょこまか出てきますダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

09120.jpg

しかし、ナッツなどで、自然の動物に餌付けしてはいけません。
それは、かえって、動物たちに害になるからですたらーっ(汗)

楽しかった、旅行も終わり、帰る途中の、夕日に燃えるレーニア山です。(西側から撮りました。)
この写真は、6月の初めの写真なので、雪が多いです。

09121.jpg

今回は、この年の写真はありませんが、出来るだけ、私が行ったのに近い写真を載せました。

この国立公園の入り口は、私の家から、車で1時間半もかかりません。
パラダイスインは閉まっても、パラダイスは、いつでも (雪かきさえ出来ていれば) オープンしています。

できれば、毎月でも行きたいくらいなので、また、機会があれば、もっとレーニア山の様子をご紹介しますね。(この次は、カメラを忘れません顔(汗)
カテゴリに、レーニア山を入れておきます。

 コメントする時間の無い方は、ポチ、だけどうぞ。
          ポチ以外何もしなくても良いです。

帰り道、まだ八月の初めなのに、紅葉が、少し始まっていました。
私の家の裏の、ブラックコットンウッドの林も、2〜3日中には、葉が一つ二つ黄色くなり始めるはずです。
 
ニックネーム なおこ at 07:22| Comment(14) | TrackBack(0) | レーニア山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする