2017年06月08日

ハプスブルグ、最後の日々

6月7日、朝の6時、ハプスブルグが息を引き取りました。

18歳 9ヶ月 13日の命でした。

DSC_1242.jpg
(9/24/2016 去年 18歳一ヶ月のハプス 衰え始めた頃)

最後は、小さなベッドで、ゆったりまったりのんびりと過ごす日々でした。
そういえば弟のロマノフもこのベッドが好きでしたね。

DSC_1148.jpg
(5/29/2017)

庭のバケツの水を飲んでいたハプスブルグ。

DSC_0001.jpg
(5/24/2017)

ワンコたちと一緒に出たり入ったり。(数が多いのでしょっちゅうドアを開け閉めすることに・・・)

後ろにいたハプスは、カメラを向けると移動(ワンコたちと一緒にこっちを見てて可愛かったのに!)

DSC_1061.jpg
(5/24)

ん?一匹多いけど、ナナちゃんじゃないですよね・・・

DSC_1059.jpg
(5/24)

右端の子は、フィニーとココの母親違いの姉妹のモーリーです。(父親のタフィーによく似てる)
飼い主の入院で、2ヶ月ほど母親のミニーと一緒に預かってましたが、土曜日に迎えに来てもらえました。
お客さんの彼女らは、ハプスを「猫?」と警戒してましたが、平和に共存してました。

DSC_1156.jpg
(5/31)

お天気の良い日はデッキでお昼寝です。(暑くなったので日陰に)

毎朝、ハプスは、私たちのバスルームをチェックしてました。

DSC_1206.jpg
(6/4 息を引き取る二日前)

去年死んだレディジェーンを捜しているのでしょう。

DSC_1208.jpg
(6/4)

「なんだいないのか」と階下へ降りていきます。(トントンッという足音が、今でも耳に残ってます)

DSC_1042.jpg
(5/23)

ハプスは、ここ数ヶ月、キッチンで食べるようになっていました。
ワンコたちが盗み食いするので、見張ってないといけません。(喧嘩しませんが、猫の餌は犬には良くないのです)

DSC_1226.jpg
(6/6 息を引き取る前日)

最後の前日のハプスです。
カリカリを食べてましたー。
ドーナッツ状に真ん中が開くと、こうして真ん中を埋めるように催促します。

DSC_1227.jpg
(6/6)

柔らかくてジューシーなサーモンも。(「もうちょっと入れてー」)

その日夫は「ハプスの食欲が戻って良かったね」と言ったのですが、衰えてきているのは分かってました。

そして、翌日の朝、夫が、ベッドルームの外でぐったりしているハプスを見つけたのです。

私たちのベッドに連れてきて撫でてやると、数分後に息を引き取りました。

私たちが起きるのを待っていたのでしょう。

DSC_0045.jpg
(6/7)

お花で飾って、裏庭に埋めてやりました。

夕方、ハプスのいなくなったデッキです。

DSC_0099.jpg
(6/7)

もうここへ戻ってくることはありません。

18歳になった去年の夏の終わり頃から、急に衰えてきたハプスブルグ。

ナナより先に逝ってしまうのではと思ったほどですが、回復し、半年以上も頑張ってくれました。

実は数日前、私は「もう頑張らなくてもいいよ」と心の中でハプスに話しかけていたのです。
寿命が尽きているのが分かっていたので、私の思いだけで命を留めるべきではないと思ったからです。
すると、パタパタッと終わってしまいました。

フリスキー、タイニー、ミスティー、ロマノフ、レディジェーン、そしてハプスブルグ。
こうして、私たちがこの家に引っ越して来た時に連れてきた6匹の猫たちは、いなくなってしまいました。



下の写真は、ハプスブルグが息を引き取る四日前に撮ったものです。

この日、動物看護師で牧場を経営していた友人がハプスを見て、
思わず「幸福そうな猫だね」と言ってくれました。
とても嬉しかったです。

DSC_1196.jpg
(6/3/2017)

私の猫、ハプスブルグ。
あなたは、18年と9ヶ月以上も生きてくれました。
「18歳まで生きてもらいたい」という私の願いを叶えてくれたのですね。

ありがとう。
あなたが、私の猫になってくれて、本当に良かったと思ってます。

ニックネーム なおこ at 15:58| Comment(6) | TrackBack(0) | ハプスブルグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

ハプス・この頃

ハプスブルグの後ろ姿です。(笑)

DSC_0975.jpg

去年の秋から急に衰え「いよいよ」と思ってましたが、
回復しちゃったようです。

柔らかい餌を与えていたのですが、小高く盛らないと食べてくれません。
「ナー!」(モッテー!の意)と怒ります。
しかもグレービーばかり舐めるので、スプーン一杯づつやるという面倒くささ。

再びカリカリも食べるようになりました。

カリカリも、真ん中だけ食べドーナッツ状になると文句を言います。
若い頃は、別の部屋にいる私たちを呼びにくるなんてしてました。(そのくらい自分で何とかして、と思ったりちっ(怒った顔)

DSC_0978.jpg

写真は、カリカリのドーナッツを無くしたのに、柔らかい方はまだなので
「早くしてっ」と待っているところです。

水は、なぜか外の雨水が溜まったバケツの水が好みです。

汚くなったので、バケツを洗って綺麗な水をたっぷりと入れやりました。
そこからチョロチョロと飲みます。
うちの辺りの水は美味しいのでこれでいいと思いますが、
猫の飲み水のためにバケツいっぱいの水とは・・・(水の方が猫より重い)

DSC_0983.jpg

今日は雨も上がり、暖かいので水を飲んだあと、ドアの所で日向ぼっこです。(曇ってるけど)

他にもいろいろ好みがあり、厄介だとは思いますが、高齢なので、しかたありませんね。(涙)

DSC_0979.jpg

こうしてイケアで買ったお人形さん用のベッドで寝て過ごす毎日です。

時々私の所にやってきくるので撫でてやると、グルグル言って嬉しそうです。
それを見ると、やっぱりこちらもニッコリします。わーい(嬉しい顔)
ニックネーム なおこ at 08:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ハプスブルグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

ハプスブルグ

さあ、このお耳は・・・

DSC_0030.jpg

ハプスブルグです。(笑)

DSC_0077.jpg

最近、お腹が空くと階段の途中まで降りてくるようになりました。
食が細くなったので、柔らかくて栄養価が高く消化に良い餌を与えています。

ハプスブルグは我が家で一番長寿ですが、
去年の夏の終わり、18歳を過ぎたころから衰えてきました。

若い頃、ナナと喧嘩して私を取り合ったこともあったのに、
今は、こんなことも・・・

DSC_0054.jpg

元々、ゴールデンのレクシーはハプスブルグを刺激したりしません。
とはいえこんな風に一緒にいることなどありませんでした。

ハプスブルグは、その名に見合って、とても気位の高い猫です。

老齢になり力も衰えてきたのでしょう。
たまにヨーキーのココがちょっかいを出しても反撃しなくなりました。

こうして一階に降りてきたりきます。

DSC_1351.jpg

ワンコたちとベッドの上で寝るのも普通になり、以前の強気はありません。

DSC_0561.jpg

仲良く(?)してくれるのはありがたいのですが、複雑な気持ちです。

暖かい日は北側の窓から外を眺めたり、お昼寝したり。

DSC_0075.jpg

去年は、パージャ、レディジェーンの2匹の猫と、ナナを失いました。

ハプスブルグもずいぶん衰えてきたので、そろそろと思っております。

DSC_1345.jpg

もうちょっと頑張れるかな。


ニックネーム なおこ at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ハプスブルグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする