2016年05月23日

あれから十日

前回の記事を載せた夜、ナナの具合が悪くなり、眠れぬ夜を過ごしましたが、次の夜にはいくらか元気になりました。

DSC_0079.jpg

それで、お風呂に入れてあげることにしました。

DSC_0088.jpg

こんなに綺麗になりましたよ。

DSC_0099.jpg

そして19日、他のワンコたちが散歩に行くと、皆が出た後をジーッと見ているので、ナナも散歩に行きたいのかな、と思って出かけることにしました。

DSC_0171.jpg

近くの公園、5月に入ってからは控えていたので久しぶりです。

ナナの左顎の下から首にかけて腫瘍があるので、リード無しの散歩です。

DSC_0176.jpg

いつもは歩いて行くのですが、公園の裏口まで車で行きました。

この道も以前は車が通れてましたが、今は一般車は入れません。

DSC_0178.jpg

この橋を渡ると、池があります。(早歩き20分ほどで一周できる池です)

池の方やドッグランへは行かず、静かな林の中を散策することにしました。

DSC_0184.jpg

ナナは、私が離れると慌てて追ってきます。
ところが、カメラを向けたり、動画を撮ろうとすると、すぐにゆっくりなります。

この写真は、ようやく小走りに来るところを撮れたので、お耳が跳ねてます。
ナナのお耳が跳ねるのは、とても可愛いです。

今、こうして記事を書いている時も、ナナは私の足元にいます。

DSC_0245.jpg

少し持ち直してくれてますが、弱っていくのは止められません。
できるだけ一緒にいてやりたいと思っています。

ニックネーム なおこ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

ペットの介護

今年の初めに2匹の猫たち(パージャ、レディジェーン)を看取りました。

寂しくなったハプスブルグは、今でも時々、レディジェーンがいないのを寂しがっています。
ハプスブルグも今年の8月で18歳になります。

DSC_1202.jpg

まだ元気ですが、少しずつ衰えているのも事実です。
出来るだけ、居心地良いように、残りの命を全うしてもらいたいと思ってます。

さて、うちには、他にも介護を必要としている子がいます。

DSC_1221.jpg

ナナは心臓を患っており、12時間おきに薬を飲みます。
その他にも、左顎の下あたりに急速に大きくなっている腫瘍があり、どうすることもできません。
レディジェーンの時と同じです。

DSC_0039.jpg

ナナは、専用のペットベッドでお昼寝することが多いのですが、
一階のタイルの上で寝るのも気持ち良いようです。

DSC_0026.jpg

DSC_0058.jpg

最近は、階段の下に作ったワンコの部屋のケージの中にいることが多くなりました。

DSC_0061.jpg
(いつもは頭を出しているのに、今日は頭を奥にしてお尻を入り口に向けてます。中で反対向きになれなくなったのかもしれません)

ここ数日、急速に衰えてきてますが、まだ庭を散策したりします。

DSC_0040.jpg
(庭を作り直しているので、テリトリーの変化が気になるようです)

いつも私にべったりのナナは、私が見えなくなると私を捜します。

去年の夏から、ナナの介護のため、一階のリビングルームで寝るようにしてます。
ナナは、一階で寝た方が良く眠れるからです。

たまに私が二階で休んでいると、ナナもいつの間にか二階にやって来て私の横で寝てます。
昨日から階段を上るのもきついようで、やっと上ってきます。

DSC_0050.jpg

一階においたベッド。上り下りできるように、段差をつけてます。

DSC_1156.jpg
(段差用の小さなベッドで寝てるナナ)

朝5時過ぎに起きてナナにお薬をやりますし、数時間おきに排泄のために外へも出します。
朝のお日様が、裏の林の木々を神秘的に照らしてます。

DSC_0025.jpg

こんな風景の下でナナと過ごせるのも、少しの間だけです。

「ペットの為にそこまでするの」と思う人がいるかもしれませんね。
今までやってきた通り、それぞれの子に合った看取り方をしてやりたいと思ってます。

DSC_0010.jpg

ナナ、もう少しだけ、頑張ってね。
ニックネーム なおこ at 15:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする