2014年10月20日

秋になりましたね

うちの子たちは元気です。

DSC_0001.JPG

と思ったら、ナナが急性腎炎で、急きょ輸液治療をしました。

1日目、死ぬかと思いましたが、いくらか回復し帰宅。
2日目、治療のため病院へ戻り、ケージに入れられていたナナは「出してー!」と言わんばかりに、吠える・鍵を開けようとして騒ぐほど元気に、で皆をあきれさせました。
獣医さんから、
「もう輸液治療は必要ありません。お薬を出すので2週間与えて、食事療法もして下さい」と言われ家庭治療開始。

再検査の結果も良好で、
「念のため、もう2週間お薬と食事用法を続けてください。その後は普通の餌でいいでしょう」と言われました。

2日目のナナ。(ちょっと不機嫌)

DSC_0320.JPG


意味はありませんが、ナナの包帯と同じ色のスリッパ玩具を銜えたココ。

DSC_0153.JPG

ついでに、Juicy Coutureのバッグを背景に、ちょっとオスマシ。(ココ用のピンクのブランケットも後ろに見えますね)

DSC_0154.JPG

猫達も元気です。

DSC_0024.JPG

16歳のハプスブルグと15歳のレディジェーンは、全く年を感じさせません。

DSC_0029.JPG

相変わらず仲がいいですね。

DSC_0269.JPG

夏に丸刈りにされていたパージャの毛も伸びてきました。

DSC_0037.JPG

そしてもう1匹

DSC_0350.JPG

パージャの追い出して私達のバスルームを陣取ったフリスィです。
粗相(毛を吐く)をしたため自分のマットを汚し、洗濯へ回されてしまった。
代わりにチンケなタオルの上に寝る羽目になってしまったお嬢。

DSC_0357.JPG

プロフィール写真が表示されなかったのでここでご紹介します。

最後の1匹、ゴールデンのレクシーは、腰が弱いので気をつけてやらなければなりません。(変わった寝方をしていたのでパチリ)

DSC_0485.JPG

元気で、相変わらず美しいです。

DSC_0919.JPG

明後日、ナナの世話は夫に任せて日本へ行きます。(ちょっと心配、かな)

ニックネーム なおこ at 08:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする